バイクタンクへこみ修理 デントリペアのデントハリマ

アーカイブ : Honda

バイクに乗ると、よく目につく箇所に凹み。ホンダVTR

バイクに乗ると、よく目につく箇所に凹み。ホンダVTR

ホンダ バイクタンクの凹み直しのデントハリマです。 ホンダ VTR のタンクです。 今回はオーソドックスな凹み。 黄色の印の下に凹みがあった箇所です。 バイクに乗ると、よく目につく箇所に凹みがあるでデントリペアで消しました。

可能な限りデントリペアで修正出来るように。ホンダGB250

可能な限りデントリペアで修正出来るように。ホンダGB250

ホンダのガソリンタンクの凹み修理のデントハリマです。 今回は、ホンダ GB250 グラブマンです。 塗装は割れてはいますが、凹みの修復でご依頼がありました。 奈良県から送って頂きデントリペアです。 この凹みを鈑金塗装で直す場合は、パテで厚盛りか、溶接で引っ張り上げパテ修正。 バイクタンクにとってはあまりよろしくない状況です。 ...

凹みの位置が少しズレただけでも難度が変わります。ホンダ ゴリラ

凹みの位置が少しズレただけでも難度が変わります。ホンダ ゴリラ

ホンダのバイクタンクの凹み直しのデントハリマです。 ホンダのゴリラの凹み。 まずはタンクのサイドにある凹みです。 凹みの底にクリアーの削れがありますが、デントリペア完了です。 タンク前方部の鉄板が伸びきっている感じの深い凹み。 タンクのデントリペアは、内部構造の関係から凹みの位置が少しズレただけでも難度が変わります。

バイクタンクは車と異なり難しいです。ホンダ CBR 1100XX

バイクタンクは車と異なり難しいです。ホンダ CBR 1100XX

ホンダのバイクタンクの凹み修理のデントハリマです。 ホンダCBR1100XX ブラックバードの側面の凹み。 複雑に凹んでいます。 タンク内部のパイプを避けながら、凹みにデントツールをアクセスできるように専用のデントツールを選択。 バイクタンクは車と異なり難しいです。

表からの引っ張りはNG。ホンダ マグナ50

表からの引っ張りはNG。ホンダ マグナ50

ホンダの燃料タンクの凹み修理のデントハリマです。 今回は愛知県からのご依頼です。 ホンダ マグナ50。 凹みの箇所は黒のステッカーの部分の凹みで、表からの引っ張りはNG。 裏からデントツールを挿入してのデントリペアです。 タンクの内部構造から標準のデントツールが届かず、自作した専用ツールで修理完了。 お客様から御礼メールを頂き...

想像をはるかに超える素晴らしい仕上がりで感動しました。ホンダ CB400

想像をはるかに超える素晴らしい仕上がりで感動しました。ホンダ CB400

ホンダのバイクタンクの凹み修理のデントハリマです。 CB400SFの股の辺りの凹みです。 今回は東京からのご依頼です。 元々、凹みの一部に塗装の乱れがあるものの、凹みは綺麗に直りました。 お客様からは、「想像をはるかに超える素晴らしい仕上がりで感動しました。」とメールを頂きました。

デントリペアでプレスラインの成形。ホンダCB1300

デントリペアでプレスラインの成形。ホンダCB1300

ホンダのバイクタンクの凹み直しのデントハリマです。 ホンダCB1300SF アルミタンクです。 タンクの下側のガッツリ、プレスの潰れ。 潰れの深いところの塗装が浮きがありますが、デントリペアでプレスラインの成形です。

ホンダNSR250Rのタンクの凹み2ヶ所。

ホンダNSR250Rのタンクの凹み2ヶ所。

ホンダのバイクタンクのデントリペアのデントハリマです。 今回、大阪から2回目のご依頼です。 ホンダNSR250Rのタンクの凹み1ヶ所目です。 2ヶ所目です。 1ヶ所目修理完了。 デントリペアで2ヶ所目、修理です。

転倒の際にできた凹み。ホンダ CBR250R

転倒の際にできた凹み。ホンダ CBR250R

ホンダのバイクタンクの凹み修理のデントハリマです。 岡山からタンクを持参して頂きました。 ホンダCBR250Rの凹みです。 お客様曰く、転倒の際にできた凹みのようです。 股の辺りの凹みは購入の時からあった元々のヘコミとの事。 これを機会にどちらの凹みも修理のご依頼。 立ちゴケの凹みは、デントリペアで直る可能性が高いのでご相談下...

ヘコミを消していきました。ホンダ NSR250R

ヘコミを消していきました。ホンダ NSR250R

ホンダのバイクタンクのデントリペアのデントハリマです。 大阪からのご依頼のホンダ NSR250Rのタンクのデントリペアです。 結構、硬いものが当たったような深い凹みでしたが、ジワジワ、凹みの表面をデントツールで上げてヘコミを消していきました。

バイクのヘコミ·エクボのお悩み ご相談・お問合せはお気軽に!

080-6129-9955

再塗装せずに直す! 全国宅配修理システム

Return Top